ダイブマスター取得

恩納村ダイビングとダイブマスター取得のためのダイビング研修。
日本屈指のリゾート地として有名な恩納村とは、どんなところなのでしょうか。
恩納村は、沖縄本島のほぼ中央部西海岸側に位置しており、面積は50.87平方キロメートルで細長い形をしています。
40キロにも及ぶ海岸線は、美しい自然条件から、全域が沖縄海岸国定公園に指定されています。
西側は東シナ海に面し、東側は恩納岳を中心に山々に囲まれ、その山々を源とする川が多数あり、大変自然豊かな場所です。
半農半漁の村だった恩納村は、国際海洋博覧会以降、珊瑚礁の広がる美しい海岸線が注目され、大型のリゾートホテルが立つようになり、年間200万人に及ぶ観光客が訪れているといわれています。
恩納村を訪れる人々の中には、恩納村ダイビングが目的で訪れるという人もたくさんいます。
青の洞窟などの有名なダイビングポイントがあるのです。
恩納村ダイビングと観光の両方を楽しめるように、恩納村では、色々なイベントも行っています。
ダイビングショップも多数あり、中にはダイビングライセンスを取りたい人のために、ダイビング研修を行っているところもあります。
初心者から、プロのダイバーを目指すダイブマスターのコースまで、レベルに合わせて、色々なコースを取ることができます。
ダイビング研修を受けて、ダイブマスターコースを取ると、ダイビング関係の仕事にも有利です。
恩納村には、毎年ダイビングが大好きな人々がたくさん訪れ、美しい海や山を楽しみ、沖縄料理を楽しみ、沖縄の人々と交流して帰っていくのです。